保険に関する悩みはファイナンシャルプランナーで一気にカイケツ

住居の万一に備える

火災保険を選ぶときには保険相談を活用してください

savings deposit

火災保険を選ぶときには保険相談のサービスを活用してください。新築の住宅を建築したときに絶対に必要な保険が火災保険です。火災保険は火災が発生したとき限定の保険と思っている方が多いのですが、現在一般的に契約されている火災保険は台風や竜巻、洪水などの水害、泥棒、空からの落下物など多くの災害や事故に対応しています。これらの保証に関しては保険会社により保証をしてもらえる内容に違いがあるので、ご自分のご家庭に必要な保証があるサービスを選ぶことが大切です。しかし、火災保険一つでもこれだけ多様な補償サービスがあると、個人での選択は難しいものがあります。そのときに活用してほしいのが保険相談サービスです。保険相談サービスは、必要な保証などを伝えて相談することで、もっとも適している保険を紹介してくれるサービスです。

建物による火災保険料金の違い

火災保険の保険料にはその料金を決定するための決まりがいくつかあります。まず、一戸建てとマンションでは保険料の額に違いが出てきます。とうぜんマンションのほうが保証対象が自分の部屋だけに限られて、それ以外の建物自体には保険をかける必要がないので安くなります。また、その建物の作りによっても保険料に違いが出ることがあります。木造建築のもの、軽量鉄筋のもの、鉄筋のもの、コンクリートを使用しているもの、レンガを使用しているものなど、火災に強い材料を使用している建物ほど保険の料金は安くなります。一般的な火災保険料は年間で新築の一戸建てが1万2千円から2万円、マンションの場合は1万円から1万5千円程度が目安になると思います。詳しくは保険相談などで問い合わせてください。